多孔理論

本書のことは、ビル・ゲイツ氏(William Henry "Bill" Gates IIIのブログで「圧倒された」と書かれている。確かに独創的だが双子もいる。どこかが違う、それが私の考える理論である。

本書のキーワードは、プロトン濃度勾配に到るエネルギー制約論である。そのために電子伝達系と化学浸透共役説からアルカリ熱水噴出多孔(沸石のようなもの)を考える。これは膜を隔てたプロトン勾配のためだ。しかし私はそれを「膜」で考えないで、「平面充填」で考える。ここから細胞分裂と自他認識の「ハニカム構造」等を基本に置くのである。これは「内部共生」と「吸着」の「強度」をより深く考えるためだ。

 

キーワード:光合成細菌 循環 細孔 カンブリア爆発 眼 平面充填 触媒 相転移 トポロジー 

 

参考

「生命、エネルギー、進化」  ニック・レーン 著