交通

律令制度の時代から交通は、人が「自由」に往来できるものではなく、「強制」されたものか、あるいは「禁止」されたものであった。不思議だがそれが交通の定義である。現代でもそれは同じだ。

教育は始まるが、それは「学校生活」という「慣習」にならなければならなかった。この持続可能性は教育内容に大きな変化を与える。

国家法益保護のための編目にも、律的罪刑法定主義とも言うべき、裁判官の恣意を封ずるための原理があった。このことは刑法的に担保しようとした手当である。

日本にも「外国人の経済構想」は存在した。通貨制度は外国銀行の意向を反映した交通である。

 

 参考

岩波日本近代思想体系6「教育の体系」  山住正己 著

岩波日本近代思想体系7「法と秩序」  石井紫郎 水林彪 著

岩波日本近代思想体系8「経済構想」  中村政則 石井寛治 春日豊 著