「フランツ・カフカ」試論

マックス・ブロート氏が命名した「孤独の三部作」というフランツ・カフカ氏の顔は何を示したのか。

彼もまた法の人であった。彼以前に人は存在していないからだ。

その独創的な道は「事後法の禁止」「遡及処罰の禁止」という道の探求である。

彼自身は明確であった。その迷路が示したのは「社会の迷路性」である。