読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公共事業と日銀

「インフラはいついかなる場合にも貨幣的現象」であるが、「デフレはマネー現象」ではない。デフレに金融政策で対応することはできない。必要なのは衰退産業の退出・成長産業の創出である。金融政策による保護や金融セクター主導の政策ではない。

 

実はすでに、日銀のデフレ政策(マイナス金利)は、東京オリンピック築地市場移転等、部分的公共事業のインフレ化(バブル)を招いている。知らぬまに莫大な予算に膨れ上がるのは、衰退産業の退出・成長産業の創出がないからである。

 

参考

日本銀行の敗北」インフレが日本を潰す     相沢幸悦 著