脚本(シナリオ)

「一日が終わり、人々が家路へと急ぐ頃。俺の一日は始まる。人は深夜食堂って言っているよ。客が来るかって?それが結構来るんだよ」  

  深夜食堂

 

「心の声に蓋をすれば、自分が見たいものしか見えなくなる、信じたいことしか信じられなくなる。」 

  ソロモンの偽証・後編

 

交通整理困難な題材を、大群像劇に仕立て上げ、大規模公開作とする技法が、そこには確かに確されてある。

 

参考

「'15年鑑代表シナリオ集」  日本シナリオ作家協会