離脱

たぶん人間の死の尊厳とは凄いのだ。

ー 「品格」があるとすれば、自分から関心が離れていくこと ー

自然に帰るということは、奉仕して帰ると言うことだ。

 

参考

「シニアの品格」   小屋一雄 著