光とその多能性

「皮膚」にヒントがあったことは疑いようがない。植物に刺激を与えると全能性を持った細胞に変化させられることも昔から知られていた。そして「光はビタミンDと同等である」ことから、皮膚は造血幹細胞と直接関係していたからだ。

 

参考

「iPS細胞が医療をここまで変える」実用化への熾烈な世界競争  山中伸弥監修 京都大学iPS細胞研究所