未来から来る適正進化

オイラー氏が函数を無限級数で表わしたことは、何を示したことになるのか。

それは「入出力図式」の管理レベルを示したのである。(線形にして時間不変)

ノーバート・ウィーナー氏は、回路が因果的でない場合に入力信号に先行して、出力が生ずることを指していた。

これは未来が過去に作用するのを防ぐことに、限界があることを示したのである。

 

参考

オイラー博士の素敵な数式」  ポール・J・ナーイン 著

オイラーに学ぶ」無限解析序説への誘い   野海正俊 著

「シグナル&ノイズ」天才データアナリストの予測学  ネイト・シルバー 著