彫像と化石

イリアム・ブレイク氏とサミュエル・パーマー氏のイメージは、「彫像」という「浮彫」から「化石」姿へという回帰を表わす。その姿はいつも個体のイメージではない。平面絵画なのに。

それは何かを基に、なにかを原型とする堆積と浮彫の歴史表現(同化と再生)である

 

  化石燃料のヒントと現代科学手法の正イメージについてー

 

参考

イギリス美術叢書Ⅰ「ヴィジョンとファンタジー」ジョン・マーティンからバーン・ジョーンズへ