紙の思い

確かにオフィス文具市場では企業が経費を削減し、デジタル機器の普及による「紙」離れが進んでいるが、「誰かに何かを伝えたい」と言う思いは今でも紙以上に健在だ。そして文具はその手助けをしてきた。

今、そのデザインは「暮らし」に何かを伝え、雑貨もまたそのおかげでプロデュース力を高めた。

紙以上にテーマパークは進行中である。

 

参考

「文具と雑貨づくりの教科書」   日経デザイン 編