社会史としての彫刻

共和国はモニュメントを必要とした。

それは「扉」から「地獄の門」へと進む。

「考える人」はこうして頂点に立つ。

勝利と敗北は、ユゴ―とバルザックという人間の記念像となる。

 

参考

ロダン」天才のかたち   ルース・バトラー 著