インフォーマル(代替情報)

通常、ダイレクトに遡及できる研究者・専門化の成果物を、雑誌掲載の原著論文とする古典的モデルがある(一次情報)。

従来それが最もわかりやすいとされている。

 

しかし作家・音楽家・脚本家・画家であれば、その成果物は小説、音楽、映画、絵画等の作品に置き換わる(二次情報=代替情報)。

ここに世間への扉となるインフォーマルコミュニケーションがある。

 

「代替情報」とならないかぎり、人の心も世間も掴むことはできない。このインフォーマルの深みを探ることこそが「横断した創造力」である。

 

参考

JLA図書館実践シリーズ7「インターネットで文献探索」2016年版   伊藤民雄 著