再現性について

再現性」のあるものは「すべて科学の対象」である。

そう考えるとIQの高さや記憶力は、この再現性に操られていると言える。

写像」や「繰り返し」に強い、それが再現性だ。

ゆえに科学は再現性を「嗅ぎつける能力」である。

習慣化能力やパターン認識の合理性がそれだ。

しかし、ワンパターンや、生活習慣病や癖もまた再現性であることから、「病み」つきという言葉は、科学と紙一重である。

アスペルゲンガー症候群等の天才問題もこの科学に包囲されている。

再現性の法則」を探し求める「人間のサガ」は、「人間固有の精神」である。

「感覚」もこの再現性に「客観化」されている。

まだ見ぬ「再現性の法則」は、隠れた「共通感覚」であるから、「万民」はこの期待から病み、回復し、そして健全を繰り返す。