編集

編集の意義が、出版にあることは間違いない。

しかし近代映画の編集から現代のジャーナリズム(編集)を考えると、それは効果の組み合わせと考えることができる。

そしてこの効果論はプロフェッショナル論へと通じてゆく。

 

参考

「編集者の誕生と変遷」プロフェッションとしての編集者論     文嬿珠  著

ジョージ・キューカー、映画を語る」  ギャビン・ランバート 著  ロバート・トラクテンバーグ 編