分子機械

分子を操る上で、ナノの世界に導いたのは「コロイド界面化学」という「フィールド」であることに間違いはない。

そして「小胞体ストレス応答」の機構も、この「分子機械」の機能に近い。

 

参考

「NANO ナノの世界が開かれるまで」  五島綾子 中垣正幸 著

「細胞の中の分子生物学」   森和俊 著