「優秀」から離脱し、「価値」を創造できる人へ

理解度や知識量を「優秀な人」と思う時代は終わる。

 

コミュニケーション能力とは「価値をつくり出す」という「社会評価」を知るものである。社会性のない個人の力量は、過去のイノベーションである。

 

なにかについて考えるとき、それがどのように役立つのかということだけを考えなければ意味はない。その意味でプラグマティストの「善く生きる」という理念に学問は活気づく。

 

今回は「規制問題」と「ウーバーの技術」を考えることで、「価値をつくり出す」という「スピード」を考察した。

 

参考

「採用学」  服部泰宏 著

「ビッグバン・イノベーション」  ラリー・ダウンズ+ポール・F・ヌーネス 著