写り込む

ほとんど動かない「植物」のようなものは有利であった。「ぶれ」のないその姿は上手く「撮影」された。これが「DNA」の始まりである。そしてこの「写像原理」は、やがて「動態視力」へと進化する。人間はこうして「定住」に進むのである。