環境倫理学

「物性物理」は所有されず、「宇宙太陽光発電」に寄与することになるであろう。それは「場所」の問題にある。所有地から「利用」という「計画性」へ人類が進むからだ。

地球上における地価はふたたび「生存圏」として理解され、「自由」はその「生存権」と「社会権」に再回帰しつつ、地上は「利用のネットワーク」に包囲されるのである。

    - 内部の外部化 -

 

参考

「改革は実行」私の履歴書    松本紘 著

第3版「日本の土地法」歴史と現状   稲本洋之助 小柳春一郎 周藤利一 著