流線型デビュー

「時」は流線型デビューする。

流線型は想像以上に「両義的」である。

それは「振動」を抑え、「眼」の時代を到来させた。

 

参考

「新幹線を航空機に変えた男たち」超高速化50年の奇跡  前間孝則 著