AIと平等の地平

オックスフォード大学ではAIの目標を、人間か人間を超える経済性と行動力の新たな地平とも考えている。ビッグデータとセンサーの融合時代は、人間の能力を「平等」にする前提でもあるからだ。

欠陥を先回りする人工知能やセンサーは、「事前の平等」を準備することで、不安やセキュリティやリテラシーの前に平等を「現前」させ、意識させない。

この「平等」はたぶん、能力という「差異の過重」を減らし、より「横断的な知」を抵抗なく推進もするであろう。

 

参考

Newsweek 日本版 特集:人工知能は人間を超えたか」