ネットワークと遮断

普段はグローバル化のなかで自然につながっている各国が、意識して「接続」されそうになると、各国は急に抵抗孤立する。

 

それは「記憶」のような接続のされ方をするからだ。「接続」が「記憶のネットワーク」を持って「遮断」するからである。

 

歴史と言う通時制と共時性は何を意味しているのか?

 

参考

「記憶の政治」ヨーロッパの歴史認識紛争   橋本伸也 著