M理論・量子ドット・量子ビットの関係

「繰り返し」の遺伝子はすなわち、わかりやすい「装飾」(修飾)である。

「フォント」にもまた、「繰り返し」が施されている。

だからテキスタイルの世界では、この「つなぎ目」を施すことを「送りをつける」、あるいは「リピートをつける」と言う言葉であらわす(トポロジー)。

そして実はこの繰り返しには「ゲーム理論の法則」(創造性)が隠されている。

 

キーワード:図地理論 ゲシュタルト デジタルデータ 非周期 ブラックホール 宇宙ジェット

 

 参考

「装飾パターンの法則」フェドロフ・エッシャーペンローズ   藤田伸 著

「フォントのふしぎ」  小林章 著