珠にして管

「珠」にして「管」。

こうして「数珠」は、ピタゴラスの「数の神秘」に触れる。

 

キーワード: 勾玉 そろばん 音

 

 参考

「古代東アジアとガラスの考古学」  小寺智津子 著