プロムナード

美術界と違い、なぜ音楽にはコンテンポラリー音楽とクラシカル音楽の間に大きな分裂があるのか?

 

それは「演奏会」という形式にある。大衆の誕生は「寄せ集め」の演奏会を生み、それが均質化と多様化を生み出し、その末に明確な「棲み分け」が完了したからである。豊かになるとはこういう過程を経ることである。

 

これは分裂ではなく、今までまとまりのなっかったクラシック音楽の方に統一(イデオロギー)が「遡及的」に見出されたことを意味し、それゆえに逆に明確な棲み分けができたのである。

 

参考

「音楽テイストの大転換」ハイドンからブラームスまでの演奏会プログラム ウィリアム・ウェーバー 著