All is well

「大丈夫、きっとうまく行く」

この言葉を「自分に引きつけておくこと」は大切だ。

 

「不安」から来る「失敗の連鎖を断ち切る」ことができる。

そして「振り出しに戻る」という不条理は絶対に無くなる。

「都度リセット」することは、「実存的」な「非線形的時間管理」である。

これで「展開」は縛られず「自由」に確実に進むことができる。

 

 他者に贈るべき言葉は、不安を煽る失敗や経験談を語ることではない。「大丈夫、きっとうまく行く」、それだけでいい。それは他者に影響されない前向きな「勇気」を与えるからだ。道はいくつでもある。都度そこから「最小作用の原理」で進める。また他者と「競合」することなくスムースに進むことができる。

 

また、人を「信頼する」なら、「大丈夫、あなたならきっとうまく行く」、の一言でいい。

 思い思いの「個性」で行ける。

 

祖父母から父母、そしてその子どもたちに引き継がれなければならないこと、それはこの一言だ。「大丈夫、きっとうまく行く」。

 

忠告や助言や追加の知識は一切必要ない。

「成功の遺伝史」はこうして読み込まれる。