北欧神話の教育的系譜

グルントヴィ氏を日本に紹介したのは内村鑑三氏である。時代ゆえの「家族の解体」から「国民」へ。その意識で個々のバラバラにされた個人は「北欧神話」的にまとめられて行く。そして「サーガ」の研究は、「ロキ」の「トリックスター」的要素に行き着く。デンマーク国民が初めて経験する前途多難に、前例のない勇気と柔軟性を与えてくれたのである。

 

参考

「政治思想家としてのグルントヴィ」   オヴェ・コースゴー 著