信用リスクと投資家

米国における「格付け」は「投資家」のものであって、日本のように銀行を経由して「信用リスク」を吸収(連鎖の遮断)するものではなかった。ゆえに米国では投資家のために「分散投資」(ポートフォリオ)の理論(デフォルト連鎖からの自衛)が生まれた。これは「信用リスク」のためのものではない、ハイリスク=ハイリターンの存続のためである。

 

参考

よくわかる「格付けの実際知識」  山澤光太郎 著