「格子ゲージ理論」の比喩

平面曲線の曲率は、接線の「回転」する比率であるが、折れ線の曲率は「補角」の大きさと定義されるから、それは必然的に「格子」を形成すると誰もが考える。

 しかし多面体がある球面に内接するためには、「剛体」であっては曲げられない。ゆえに「格子」は方便であり、むしろ「格子縞」と解釈するのが正当である。

 

参考

ヒルベルトの忘れられた問題」  D・フックス  S・タバチニコフ 著