「お試し市場」仮説

「お試し」とは試供品のことではない。無料の広告から市場の反応を探ることではない。「お試し市場」とは「定額制」から「ベーシックインカム」に至ることを意味する。

 

現在のように市場が不安定の時、トレンドは誰にもわからないし、失敗したくない。生産者にも消費者にもそれは同じだ。だからあえて定額という枠を設けることで、そこからの自由な使い道を知り、傾向をビッグデータにより定量化し、創造の方向を知るのである。

 

これは社会保障政策ではなく、無駄のない新しい経済成長の指標である。