葉緑体(表面力)

光触媒は、「徐々」に「堆積」しようとするようなものなら、「分解」することができる。

 

それが自己の表面維持力である。もし最初から厚ければ、多量に堆積されていれば、それが「固体」ではなく、自己と同類の「表面」として認識してしまうからだ。

 

強い酸化分解力・超親水性効果・固体表面反応とは、表面であろうとする強い意志のあらわれである。

 

参考

入門ビジュアルサイエンス「光触媒のしくみ」  藤嶋昭 橋本和仁 渡部俊也 著