凱旋(勝利の方程式)

それはすでに自分の足跡にあらわれている。

自分が望もうと望むまいと、自分が通ったあとには「繁栄」があらねばならない。

自分の繁栄ではないから、その足跡は「荒地」にしてはいないのだ。

 

なぜならそれは「凱旋の時」を待っているからだ。

凱旋の出会いで更なるお互いの上昇を希求するためだ。