つながり

本書は「彼らの記憶が消えてしまう前に保存すること」を使命としたが、書き上げられた当初はまだ時期尚早であり、出版社やエージェントは門戸を開かなかった。

 

しかし時代は「日々の光」に追いついた。ルービン氏は、自分の内部でもまだ価値の定まらない本作品を信じ、捨てなかったのである。

 

参考

「日々の光」  ジェイ・ルービン 著