超流動

形づくりにルールがあるように、眼づくりにも同じルールが適用された。

特に「眼の形成}には、超流動の痕跡が色濃く残っているからだ。

それは「再生」「再現」である。形の再生は、見ることによる再生・再現(映像化)でもあるからだ。

 

再生(ips)には「誘導」と「位置情報」が要る。それが己の位置を知るという「濃度勾配」の化学である。この「流動」は「分化」を決める。まるで流動の「経路」を決めるように(アベル=ハーパー=ホフスタッター・モデル)。

 

 

そしてこの「誘導」と言う概念は、「発生生物学」や「銀河・宇宙」のように、眼と同じように「超流動」の世界を内包する。

 

参考

「新しい発生生物学」  木下圭 浅島誠 著

「銀河と宇宙」    ジョン・グリビン 著