「脱構築派」解説

最近、法と科学が相互作用し「脱構築」したのは「プライバシー」という「意味」の創造である。もしこの両者がこの時代に相互作用しなければ、個人のプライバシーは「安全保障」というテクノロジー概念に「逆飲み」されていたであろう。これも科学技術が或る程度社会的に進化し、「社会化」した人類の賜物である。つまり社会化が「見える次元」にまで達することが、「脱構築の次元」なのである。

 

つまり法も科学も、「単独」で存在するものではない。相互作用し、お互いが脱構築という「再構築」にさらされた時、初めて双方の意味はあらわになり、「法の支配」による「科学技術立国」となるのである。

 

参考

『法廷に立つ科学』「法と科学」入門   シーラ・ジャサノフ 著