あみだ籤

「円々対応」は、平行移動と「原点のまわりの回転」を表わす複素写像である。ゆえにそこに「周期」の概念が現れる。「正則関数」とはその意味である。

 

そして連続性と位相概念は、幾何学的には集合と考えることができるから、その写像は円(方向)となる。こうして解析接続は、複素局面上の曲線で考えられることになる。

 

つまりその単純な構造化は、「あみだ籤」である。

 

 

参考

複素解析とその応用」     新井朝雄 著

新装版「複素代数幾何学入門」  堀川穎二 著