反抗と不条理の構造

すべて自分に該当するということが、はじめの一歩だったはずだ。

ならばすべてを学び直せる。

いままで十分反応してきたのだから。