承認表面

あまり人に「干渉」(フレミング・ヤング)してはいけない。

関係ないのだから。

その人に凄い価値(笑)があるなら別だが。

 

それほどあなたは見られていないし(笑)、そこそこ人を見まわし、気にする小心者(文化遅延者)である必要もない。仲間はずれを気にして「気持ち悪く笑う」必要も(笑)。

 

相手を認め、承認し、予感し、加速することとは、無関係にパフォーマンス(干渉)することではなく、触媒のように静かに進行することだ。

 

それは「見えない」がお互いの「表面」で確実に進行する。

 

 

参考

「見えないこと」  アクセル・ホネット 著

「分子レベルで見た触媒の働き」  松本吉泰 著