群論

それは「方程式」に遡る。

「値域」は二項間に「重心」の概念をもたらした。

ゆえに「等時性」もそこから始まる。

力学モデルにはこのような歴史的写像も可能である。