骨格(DNA保存の理解)

「タイル貼」あるいは「平面充填」は、グラフ的に「骨格」というものを取り出す。そこから新たな展開がはじまる。この周期的位相の発見は、位相幾何学と結晶学をスペクトル理論でも満たす。

 

杉原厚吉氏 砂田利一氏 萩原一郎氏 アラン・コンヌ氏の骨格を理解する)

 

参考

「現象数理学の冒険」  三村昌泰  編著

「時間とは何か、空間とは何か」 A ・コンヌ S・マジッド R・ペンローズ J・ポーキングホーン A・テイラー 著