政治

本来哲学者とは何か。

伝記や歴史に似合わないそのスタンスはやはり「政治」である。

プラトンアリストテレスを見てもわかる。

 

デリダ氏はユダヤ人であるがゆえに学校教育を奪われる。彼はどんなに努力しても学校というものには愛されない自分の存在を知る。そして愛されない自分には罪があったのかと自問し続けた。

 

アルジェの太陽の下で

プラハの夜に

 

参考

デリダ伝」   ブノワ・ペータース 著