八元数以上

数独の「余白」が示すものは何か?ペンローズ氏らの直観がそこにはある。

グラフ理論から始まる置換・変換。

回転対称性と主対角線(行列)。

色分け(四色問題)。

 

しかし重要なのは、「回」である。この回は回転ではなく回数、つまり「数」(確率)で決まるということ。この『試行数』が「数学」(変換)なのである。

 

つまり『回数に耐えられるだけの数』が「八元数」以上にまだ存在することを意味しているのだ。

 

 参考

『「数独」を数学する』 ジェイソン・ローゼンハウス ローラ・タールマン 著