エドガー・H・シャイン氏の技術

本書の前作「人を助けるとはどういうことか」を読んで、はじめて本書が理解できる。

これは「謙虚に問いかける」ことが支援学を構成するものであることを示す。

「それが助けにならず、的外れな支援で支援者が思い上がらないために」

 

自分が知らないということを積極的に認め、偏見や先入観を持たずに、正確な情報を求める姿勢をシャイン氏は説く。

 

そのためには「生き残りの不安」(学習することへの両義的不安)を賭けて、学んだことを捨てて、学びなおす勇気を本書は推奨している。「話すという誘惑」(決めつけられた事前知識)に屈するのではなく、「謙虚に問いかける」をさらに実践するべきであると。

 

参考

「問いかける技術」  エドガー・H・シャイン 著