マッチングとオークション

数学の世界には、二つのまるで違うものが互いに密接なつながりを持っていたということはよくある話だが、経済学のゲーム理論の枠内で「マッチング」と「オークション」(二位価格オークション)が「耐戦略性」を満たすという偶然の発見は、「複式簿記」に新しい解釈をあたえた。

 

それが「右集合と左集合」の発見概念である。

 

経済学の「市場原理」では、「マッチング」という「安定性」は確保できていない。そこからカップリングというゲーム理論では、安定結婚問題や安定就職問題などが「配分の安定性」において重要とされることになるというふうに考えられている。

 

現在の短期的な破綻の連続は、市場原理が情報対称的な知ではないことを示すのである。

 

 参考

「マーケット・デザイン」  川越敏司 著