脱工業化人口論

脱工業化が進むと、生活機能が生産機能の「磁場」となる。

知識産業は、優秀な人間が集まり育つ地域に立地せざるをえないからである。

                        神野直彦

 

首都圏への人口流入を人為的に減らすと、日本全体の成長を抑制するという副作用を起こしてしまう。参入規制のような資源移動の障害を取り除くことが「構造改革」である。資源の自由な移動が成長をもたらす。「国土の均衡ある発展」論が成長を止めたのである。

                        八田達夫

 

「シルバー民主主義」の問題点。本来民主主義は、人口減少を想定していない意思決定の仕組みである。

                        小塩隆士

 

東京一極集中ではなく、都市化が進行している。産業構造が工業からサービス業にシフトしてゆく過程で成熟した国において一般的にみられる現象である。

                        青山やすし

 

 

 参考

「全争点 人口急減と自治体消滅」  時事通信社 編