日本とフランス

日本の思想は、「繰り返しの想起と反復」である。

 

ゆえに「外と内」の「受容と選択」という「相対主義」では括れないのである。しかし、そこに「起源」はないが、深い哲学がある。フランス現代哲学と同期する。

 

ここから日本という境域が存在しないことを示す。

 

参考

「日本思想全史」  清水正之 著